マクロスΔちょっとしたネタ



51i858COZ2L._SX300_.jpg




ワルキューレとVF-31 ジークフリード

51i858COZ2L._SX300_.jpg






本作では5人組の女性アイドルユニットとして「ワルキューレ」が登場する。

「ワルキューレ」は北欧神話に登場する半神(神と人との間に生まれた半神半人)で、戦死者を天上にある主神オーディンの宮殿「ヴァルハラ」へ導くとされる。


「ワルキューレ」は複数の半神で、9人いるとされるが、伝承によって8人や12人など人数に違いがみられる。


「ワルキューレ」という読みはドイツ語の「Walküre」の読みで、英語では「Valkyrie(ヴァルキリー)」と呼ばれる。


『マクロスシリーズ』では可変戦闘機に「バルキリー」の名が使われており、元々は「VF-1(VF=ヴァリアブル・ファイター)」のみの名称であるが、シリーズに登場する可変戦闘機を総じて「バルキリー」と呼ばれることもある。


※『マクロスシリーズ』での表記は「ヴァルキリー」ではなく「ルキリー」

『マクロスΔ』にも可変戦闘機「バルキリー」が登場し、5人の女神「ワルキューレ」の護衛を務めるΔ小隊では、最新鋭の「VF-31 ジークフリー」を主力機としている。




41yz6UJKD-L._SX300_.jpg






「ジークフリー」はリヒャルト・ワーグナーの戯曲『ニーベルンゲンの歌』の主人公の名で、作中では「ワルキューレ」の一人である「ブリュンヒルデ」と恋に落ちて結婚するという物語が描かれている。


「VF-31 ジークフリード」は共同で作戦を行う「ワルキューレ」にちなんで命名されたもので、PS3用ゲーム『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』に登場する「YF-30」の発展系にあたるとのこと。




スポンサーリンク





スポンサーリンク






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

現在二つのブログにエントリーしています。クリックでの応援よろしくお願いします。
















この記事へのコメント